Tamura & Kusanag (2015c)

標準

Kusanagi et al. (2015)で開発された文法的慎重性尺度の下位尺度である語彙・統語的慎重性と語用論的慎重性について,文脈完成課題と読解中に文法的誤りに下線を引く課題を用いて妥当性の検証を行いました。文脈完成課題は語用論的慎重性と,読解課題は語彙・統語的慎重性とそれぞれ弱い相関を示し,文法的慎重性尺度の下位尺度としての語用論的慎重性と語彙・統語的慎重性の基準関連妥当性を示す新しい証拠が得られました。

Tamura, Y. & Kusanagi, K. (2015c). Validation of the grammatical carefulness scale using a discourse completion task and a reading and underlining task. LET Journal of Central Japan, 26, 75–84. 

広告