CV

固定ページ

氏名


田村祐

所属


  • 名古屋大学大学院国際開発研究科国際コミュニケーション専攻博士後期課程
  • 日本学術振興会特別研究員(DC2)(2016.4. – 2018.3.)

学歴


  • 2011.3. 埼玉大学教育学部学校教育教員養成課程教科教育コース英語専修 卒業(学士:教育学
  • 2013.6. Southern New Hampshire University M.S. Teaching English as a Foreign Language 修了(修士:TEFL)

教育活動歴


  • 2013.8. – 2014.3. さいたま市立大宮西中学校英語科教諭(臨時的任用)
  • 2014.4. – 2016.3. 中京法律専門学校非常勤講師(担当科目:英語A・B)
  • 2014.8. – 2015.3. 名古屋大学大学院国際開発研究科リサーチ・アシスタント
  • 2015.4. –2016.3.  名古屋大学大学院国際開発研究科ティーチング・アシスタント(担当科目:第二言語習得論,言語教授法,言語教育と言語情報演習Ⅰ・Ⅱ)
  • 2015.4. – 2015.09 名古屋大学大学院国際開発研究科留学生チューター
  • 2016.4. – 愛知工科大学非常勤講師(担当科目:基礎英語1,基礎英語2, 基礎英語Ⅱ(B))

資格


  • 2011.3. 高等学校教諭第一種免許状(英語)
  • 2011.3. 中学校教諭第一種免許状(英語)
  • 2011.3. 小学校教諭第一種免許状

所属学会


  • 2012 – 全国英語教育学会(JASELE)
  • 2012 – 中部地区英語教育学会(CELES)
  • 2013 – 外国語教育メディア学会(LET)
  • 2014 – 日英・英語教育学会(JABAET)
  • 2014 – 日本第二言語習得学会 (J-SLA)
  • 2014 – 日本教科教育学会(JCRDA)
  • 2014 – ことばの科学会(JSSS)
  • 2015 – 言語科学会(JSLS)

学術業績


研究論文(査読有り)

  1. Kusanagi, K., Tamura, Y., & Fukuta, J. (2015). The notional number attraction in English as a foreign language: A self-paced reading study. Journal of the Japan Society for Speech Sciences, 16, 77–96.[CiNii] [Downloadable from journal website] [概要]
  2. Kusanagi, K., Fukuta, J., Kawaguchi, Y., Tamura, Y., Goto, A., Kurita, A., & Murota, D. (2015). Foreign Language Grammatical Carefulness Scale: Scale development and its initial validation. Annual Review of English Language Education in Japan, 26, 77–92.[概要] [Full Article]
  3. Tamura, Y. & Kusanagi, K. (2015a). Asymmetrical representation in Japanese EFL learners’ implicit and explicit knowledge about the countability of common/material nouns. Annual Review of English Language Education in Japan, 26, 253–268. [概要] [Full Article]
  4. Tamura, Y. & Kusanagi, K. (2015b). Measuring Japanese learners’ explicit and implicit knowledge of constraints on verb semantics: A case of assertive predicates in English as a Foreign Language. International Journal of  Curriculum Development and Practice, 17 (1), 25–38. [概要]
  5. Tamura, Y. & Kusanagi, K. (2015c). Validation of the grammatical carefulness scale using a discourse completion task and a reading and underlining task. LET Journal of Central Japan, 26, 75–84. [概要] [Full Article]
  6. Tamura, Y. (2015). Reinvestigating consciousness-raising grammar task and noticing. JABAET Journal, 19, 19–47. [概要]
  7. 草薙邦広・川口勇作・田村祐(2016). 「英語教育研究における教育的処遇の効果とリスク」 『中部地区英語教育学会紀要』 45, 61–68.
  8. Tamura, Y., Harada, Y., Kato, D., Hara, K., & Kusanagi, K. (2016). Unconscious but slowly activated grammatical knowledge of Japanese EFL learners: A case of tough movement. Annual Review of English Language Education in Japan, 27, 169–184 [概要] [Full Article]
  9. Tamura, Y. & Nishimura, Y. (2016). L2 word processing of singular- and plural-dominant nouns in English. Journal of the Japan Society for Speech Sciences, 17, 17–37.
  10. Nishimura, Y., Tamura, Y., & Hara, K. (2017). How do Japanese EFL learners elaborate sentences complexly in L2 writing? Focusing on clause types. Annual Review of English Language Education in Japan, 28, 209–224. [概要]←New
  11. 福田純也・田村祐・栗田朱莉(accepted for publication)「中学校教科書における口頭コミュニケーションを志向した活動の分析―第二言語習得研究におけるタスク基準からの逸脱に焦点をあてて―」JALT Journal←New

[他投稿中1本]

[被リジェクト2本]

[他執筆中3本]

その他査読なし論文等

  1. 田村祐・草薙邦広(2015).「実験研究の過程と手法のよりよい理解のために―マイクロリサーチ体験という試み―」『外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会2014年度報告論集』 2–14.[リンク
  2.  田村祐(2016)「外国語教育研究における二値データの分析—ロジスティック回帰を例に—」『外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会2015年度報告論集』29–82. [リンク]
  3. Fukuta, J., & Tamura, Y. (2017). Focus-on-form effects of task repetition: A pilot study. In M. Hirakawa, J. Matthews, K. Otaki, N. Snape & M. Umeda (Eds), Proceedings of PacSLRF 2016 (pp.59–63).
  4. Tamura, Y. (2017). Is acquring knowledge of verb-subcategorization in English easier? A partial replication of Jiang (2007). In M. Hirakawa, J. Matthews, K. Otaki, N. Snape & M. Umeda (Eds), Proceedings of PacSLRF 2016 (pp.213–218).
  5. 田村祐 (2017). 「英語使用の機会を増やすタスク・ベースの授業実践―スピーキングに対する抵抗感に焦点をあてて―」『外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会2016年度報告論集』2–19. [リンク]
  6. 草薙邦広・田村祐 (2017). 「外国語教育研究における事後分析の危険性」『外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会2016年度報告論集』30–49. [リンク]

著書・分担執筆

  1. 田村祐 (2017). 「タスク・ベースの言語指導をめぐる疑問と解決への道」松村昌紀(編)『タスク・ベースの英語指導―TBLTの理解と実践』(pp. 85-110). 大修館書店
  2. 田村祐 (2017). 「中学校・高等学校での英語指導の考え方と工夫」松村昌紀(編)『タスク・ベースの英語指導―TBLTの理解と実践』(pp. 165-200). 大修館書店

学位論文

  1.  Tamura, Y. (2013). Revisiting Consciousness-Raising Task and Noticing: A Case Study. Unpublished Master’s Thesis. Southern New Hampshire University.

口頭発表・ポスター発表

  1.  Tamura, Y. (2013). Revisiting consciousness-raising task and noticing. Paper presented at the 39th Annual Conference of the Japan Society of English Language Education (JASELE 2013), Hokkaido, Japan. [投影資料]
  2. Tamura, Y., & Kusanagi, K. (2014a). Measuring explicit and implicit knowledge of sentence-level discourse constraints: A case of assertive predicates in English as a foreign language. Paper presented at the 44th Annual Conference of the Chubu English Language Education Society (CELES 2014). Yamanashi, Japan. [投影資料]
  3. Tamura, Y., & Kusanagi, K. (2014b). Countability of normal/material nouns in Japanese EFL learners’ explicit and implicit knowledge. Paper presented at the 40th Annual Conference of the Japan Society of English Language Education (JASELE 2014). Tokushima, Japan.[投影資料]
  4. 草薙邦広・福田純也・川口勇作・田村祐・後藤亜希・栗田朱莉・室田大介 (2014)「外国語における文法的慎重性尺度の開発」 第40回全国英語教育学会徳島研究大会. 徳島大学.[口頭発表]
  5. Kusanagi, K., Fukuta, J., Kawaguchi, Y., Tamura, Y., Goto, A., Kurita, A., & Murota, D. (2014). Development of grammatical carefulness in English as a foreign language: A comparison among university, high school, and junior high school students in Japan. Paper presented at the 19th PAAL Conference (PAAL 2014). Waseda University, Japan.
  6. Tamura, Y., Fukuta, J., Nishimura, Y., & Kusanagi, K. (2014). Japanese EFL learners’ implicit/explicit knowledge of subject-verb agreement in existential there: A self-paced reading study. Paper presented at the 20th Japan-British Association for English Teaching Conference (JABAET 2014). Housei University, Japan. [投影資料]
  7.  Kusanagi, K., Tamura, Y., & Fukuta, J. (2014). The notional number attraction for subject-verb agreement errors during L2 online sentence processing: A preliminary study. Paper presented at the Japan Society for Speech Sciences Open Forum 2014 (JSSS Open Forum 2014). Kwansei Gakuin University, Osaka, Japan. [投影資料]
  8. Tamura, Y. & Kusanagi, K. (2014c). Validation of the grammatical carefulness scale using a discourse completion task and a reading and underlining task. Paper presented at the 84th LET Chubu Conference. Shizuoka University, Japan. [投影資料]
  9. Tamura, Y., Fukuta, J., Nishimura, Y., & Kato, D. (2015). Coordinated NPs agree with singular or plural in there-constructions? A comparison between NS and NNS in a self-paced reading task. Poster presented at the 17th Annual International Conference of the Japan Society for Language Sciences. Oita, Japan. [ポスター]
  10. Tamura, Y., & Nishimura, Y. (2015). Word frequency effects and plurality in L2 word recognition: A preliminary study. Paper presented at the 45th Annual Conference of the Chubu English Language Education Society (CELES 2015). Wakayama, Japan. [投影資料]
  11. 福田純也・田村祐・栗田朱莉(2015)「インタラクション活動におけるタスク性の逸脱に関する理論的考察とそれに基づく中学教科書の分析」第45回中部地区英語教育学会和歌山大会. 和歌山大学.[口頭発表]
  12. 草薙邦広・川口勇作・田村祐(2015)「教育的処遇の成果を評価するための定量的アプローチ:『中部地区英語教育学会紀要』掲載論文を対象とした事例分析」第45回中部地区英語教育学会和歌山大会. 和歌山大学.[投影資料]
  13. Tamura, Y., Fukuta, J., Nishimura, Y., Harada, Y., Hara, K., & Kato, D. (2015). Conceptual plurality in Japanese EFL learners’ online sentence processing: A case of garden-path sentences with reciprocal verbs. Paper presented at the 41st Annual Conference of the Japan Society of English Language Education (JASELE 2015). Kumamoto, Japan. [投影資料]
  14. 川口勇作・田村祐・福田純也(2015)「推敲時の筆記ランゲージングにおける学習者の注意配分とライティングの質の向上—フィードバックの有無に焦点をあてて—」第41回全国英語教育学会熊本研究大会. 熊本学園大学.
  15. 田村祐(2015)「理解型インプットタスクを用いた授業実践」第21回日英・英語教育学会研究大会. 法政大学. [投影資料]
  16. 田村祐(2016)「文法性判断課題における反応時間と主観的測度は正答率を予測するか—文法項目の違いに焦点をあてて—」 外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会第三回年次例会,名古屋学院大学. [投影資料]
  17. 西村嘉人・田村祐・原和久(2016)「L2ライティングにおける統語的複雑さはタスクによる認知的負荷の影響を受けるか:節の種類に注目して」第46回中部地区英語教育学会三重大会. 鈴鹿医療科学大学.
  18. 西村嘉人・福田純也・田村祐(2016) 「第二言語のスピーキングパフォーマンスにおけるネットワーク構造とダイナミクス:学習者コーパスを用いて」 第56回外国語教育メディア学会全国研究大会. 早稲田大学.
  19. 草薙邦広・福田純也・川口勇作・田村祐・後藤亜希(2016)「どのような学習者が協同学習の望ましいパートナーか:自己の動機づけ要因としての他者」第56回外国語教育メディア学会全国研究大会. 早稲田大学. [資料]
  20. Tamura, Y. (2016). Conceptual and grammatical plurality of conjoined NPs in L2 sentence comprehension. The 42nd Annual Conference of the Japan Society of English Language Education (JASELE 2016). Saitama, Japan. [投影資料]
  21. Tamura, Y. (2016). Is acquiring knowledge of verb subcategorization in English easier? A partial replication of Jiang (2007). Paper presented at PacSLRF2016. Chuo University, Tokyo, Japan. [slideshare]
  22. Fukuta, J., & Tamura, Y. (2016). Focus-on-form effects of task repetition: A pilot study. In Shintani, N. (Organizer). Impact of task repetition on L2 learning: Multiple perspectives. Colloquium conducted at PacSLRF2016, Chuo University, Tokyo, Japan.
  23. Tamura, Y., Morita, M., & Nishimura, Y. (2016). Word frequency dominance and L2 word recognition in English. Paper presented at Vocab@Tokyo, Meiji Gakuin University, Tokyo, Japan. [slideshare]
  24. 江口朗子・田村祐 (2017) 「タスク性の高いコミュニケーション活動の導入による発話の流暢さの発達:英語が苦手な大学生を対象とした実践報告」第47回中部地区英語教育学会長野大会. 信州大学.
  25. Morita, M., Tamura, Y., & Nishimura, Y. (2017). Processing of inflected words by Japanese learners of English: A masked priming study. Paper presented at the 19th Annual International Conference of the Japan Society for Language Sciences. Kyoto, Japan.
  26. 江口朗子・田村祐(2017)「基礎英語の授業におけるタスク性の高いコミュニケーション活動の導入:学習者の情意的側面の分析からの示唆」第57回外国語教育メディア学会全国研究大会. 名古屋学院大学.

講演・セミナー・ワークショップなど

  1. 田村祐(2017)「中学校・高等学校におけるタスク・ベースの指導」松村昌紀・福田純也・川村一代・田村祐・浦野研『タスク・ベースの英語指導ーTBLTの理解と実践』出版記念講演. 第18回日英・英語教育学会研究会. 広島大学. [資料]
  2. 田村祐(2017)「タスクを用いたスピーキングの指導と評価」英語教育実践セミナー1. 第47回中部地区英語教育学会長野大会. 信州大学.[資料]

研究会などのイベントでの発表

  1. 田村祐 (2014) 「一般化線形混合モデル入門の入門」 Nagoya.R #12, 名古屋大学大学院国際開発研究科. [発表資料]
  2. 田村祐 (2015)「rlistのススメ」Nagoya.R #13, 名古屋大学大学院国際開発研究科. [発表資料]
  3. 田村祐 (2015) 「コンソールベタ打ち卒業:スクリプトエディタを使おう」Nagoya.R #14, 名古屋大学大学院国際開発研究科. [発表資料]
  4. 田村祐(2016)「effectsパッケージを用いた一般化線形モデルの可視化」Nagoya.R #15, 名古屋大学大学院国際開発研究科 [発表資料].
  5. 田村祐(2016)「rmarkdown楽しい:研究の再現性のために」Nagoya.R #16, 名古屋大学大学院国際開発研究科 [発表資料].
  6. 田村祐(2016)「初心者こそRStudioを使ったほうがいい理由」Nagoya.R #17, 名古屋大学大学院国際開発研究科 [発表資料].

受賞歴・被助成歴


平成26年度 伊藤忠兵衛基金奨学金助成(年額50万円)

平成27年度 伊藤忠兵衛基金奨学金助成(年額50万円)

その他


2014 – 外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会 運営委員

2014 – Nagoya.R運営

2015.4 – 2017.3 外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会 部会長

2017.4 – 外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会 事務局長